Nagao Akemi

Nagao Akemi is a choreographer, dancer, and slowist.

Currently, she is interested in the small, invisible movements in our society.
In our daily life there are not many people dancing in the street. Yet there are many small movements of the body that are present in this society, delicate but strong. She finds an enormous beauty and fascination in them.

 

The question of what moves people and makes them dance is a constant guide. In 2015, biographical, personal and political themes entered into her work. Akemi’s pieces, negotiate taboo subjects such as discrimination, sexuality and about money.

She has been involved in numerous collaborations in Europe (including with Johanna Ackva, Choy Ka Fai, Yoshiko Chuma, Sabrina Huth, Anna Kubelik - at Akademie Schloss Solitude, Ballhaus Ost, Villa Massimo, Künstlerhaus Bethanien, among others).

 

September 2021, she graduated with her master’s in choreography (maC) at HZT Berlin and during her study, she has received scholarships from Deutschlandstipendium and Studienstiftung des deustchen Volkes.

NagaoAkemi.jpg

copy right: Mayu Miyata

長尾明実

振付家、ダンサー、スローイスト。

 

現在、彼女は私たちの社会における小さな、目に見えない動きに興味を持っている。
私たちの日常生活において、街中で踊っている人はあまりいません。でも、この社会には、繊細でありながら力強い、身体の小さな動きがたくさん存在します。彼女はそこに大きな美しさと魅力を感じています。

何が人を動かし、踊らせるのか、という問いは常に指針となっています。2015年以降、彼女の作品には、伝記的、個人的、政治的なテーマが入り込み、現在は私たちの生きる社会の中でタブーとされるテーマについて取り組んでいます。

ヨーロッパで数多くのコラボレーションを行っている(ヨハナ・アクヴァ、チョイ・カファイ、中馬芳子、サブリナ・フート、アナ・クーベリックら - アカデミー・シュロス・ソリチュード、バルハウス・オスト、ヴィラ・マッシモ、クンストラーハウス・ベタニエンなどにて)。

2021年9月、ベルリンのHZTにて振付の修士課程(maC)を卒業。在学中、DeutschlandstipendiumとStudienstiftung des deustchen Volkesから奨学金を受ける。

dance period: since 1986

dance back ground:
ballet, Japanese folk dance, hip hop, soul, contemporary dance and improvisation dance

other practice back ground:
swimming, piano, drawing, painting, vocalist, fashion model, climbing and meditation

studied:
MA Choreography at HZT, HfS Ernst Busch, Berlin, 2018-2021
Dance history of street dance, traditional Indian dance and Hawaiian dance(Hula), as well as psychology, sports psychology, at Osaka International University, 2002-2008

ダンス歴:1986年

ダンスのバックグラウンド
バレエ、地元の盆踊り、ヒップホップ、ソウル、コンテンポラリーダンス、即興ダンスなど。

 

その他の分野
水泳、ピアノ、ドローイング、絵画、ヴォーカル、ファッションモデル、登山、瞑想

 

学歴
2018-2021年 HZT, HfS Ernst Busch, BerlinにてMA Choreographyを取得 
2002-2008年 大阪国際大学、スポーツ行動学科を卒業。ストリートダンス、インド伝統舞踊、ハワイアンダンス(フラ)の舞踊史の研究をする。また同大学にて心理学を学ぶ。